新築一戸建てを手に入れる|注文住宅で希望のホーム

昔からの議題

財産を持つことのメリットは大きいです。

賃貸が良いのか、一戸建て購入が良いのか、この論争は昔から長いこと続いています。今現在は、賃貸有利派が若干優勢です。しかし、賃貸物件は結局のところ借り物です。完全には自分の財産にはなりません。一戸建て購入の場合は、賃料と同じ額をある年数払い続けて完済すると、自分の財産になります。ここが大きなメリットです。建物は約20年で査定がゼロになってしまいますが、土地は違います。土地と言う財産を所有している事の強みは大きいです。固定資産税など掛かりますが、自分の財産ですので自分の好きなように出来ます。古い建物を取り払って建て替えても良いですし、土地を売り払って、そのお金で別の土地に移住するのも自由です。賃料と同じ額を長年払い続けるのなら、完済後に一戸建てという自己財産になる方が良いのです。景気が回復し労働環境が改善すれば、今後は一戸建て派が有利になると考えられます。

購入前に周辺環境の下調べをして下さい。

おそらく、人生で一番大きな買い物が一戸建ての購入です。何しろ、人生の半分である35年ローンなどを組むのですから、生半可な覚悟では購入できません。もちろん、即金で買えるような金持ちの方は別です。この大きな買い物である一戸建てを購入する場合に注意する点があります。周囲の環境を下調べすることです。平日の様子、夜の様子、休日の様子、などを調べることが大事です。もしかしたら、平日は騒音で溢れているかもしれません。このような周りの環境を調べた上で、納得して購入すべきです。出来るならそこに長く住んでいる住民の話を聞いて街の雰囲気や、地域の雰囲気も知っておくべきです。一度買ったらそう簡単に買い換えることも、引っ越すことも出来ませんから。